乗車した瞬間に特別な上質感に浸れる。ランチア・イプシロン

フィアット・プントをベースに「小さな高級車」をコンセプトに創られたランチア・イプシロン。コンパクトカーでありながら、高級車なみの装備が特長だ。

の大きな特徴はインテリアにある。アンティーク調のセンターの3眼メーターにはクラシカルな書体が刻まれ、周りは繊細なクロームのリングが囲む。ボディカラーに合わせた光沢のある生地が貼られたダッシュボード。数多くのボタンを搭載した独創的なデザインのセンターパネル。
ボディーカラーに合わせ、ソファのような形状が特徴的な「グラマーシート」は車内を自然な風合いに演出し、座り心地も小型車ばなれしている。収まりが良く、ゆったりと快適なドライブを味わえる。
2人掛けのリアシートも広くゆったり座れる。前後スライドを一番後ろにしてリクライニングを好みの位置にすれば、空間も十分。その分、荷室は若干狭さを感じる、日常的な買い物には十分なスペース。
イタリアの高級車といっても過言ではない、上質な内装は運転者だけでなく同乗者の気分も上げてくれる。

5ナンバーの国産スモールカーサイズで運転のしやすさが際立つ。軽い電動パワステ、高い目線、ソフトで重厚な乗り心地ほっとする運転感覚は、女性も安心して運転していただける車だ。

国内ではほとんど見かけない「ランチア」。内装がオシャレ、静かで、乗り心地もいい。ステレオもいい音で上質なドライブタイムを体感できるイタリアのコンパクト高級車を是非一度運転してみてほしい。

関連記事

Translate »