極上の移動体験をメルセデセス・ベンツEクラスで

メルセデス・ベンツ往年のプレミアムセダンEクラス。1900年代初頭に、オーストリア・ハンガリー帝国の、ニース総領事だった、イェリネック氏の娘の名前からとられたブランド名。ときとしてほかのドイツブランドと一線を画す優美さを魅せるメルセデスベンツが、シャープで都会的なイメージに進化した4代目Eクラスセダン。

まず目を引くのは角目となったヘッドライト。威圧感も感じるシャープなフロントフェイスには「LEDドライビングライト」を装備し、先代からの独立4灯式というコンセプトを継承しながらも、シャープで都会的なイメージに進化。

居住性は前後席ともにプレミアムセダンと称するにふさわしい快適さ。日本車に比べると硬めの座面ではあるが、体をしっかりと受け止め、長距離の移動でも疲れにくい仕様。バックレストの腰が当たる部分のサポート性も優秀。

装備関係は、キーを携帯するだけで施解錠やエンジン始動が可能な「キーレスゴー」、駐車時に便利な「パークトロニック」、リアビューカメラ、「アテンションアシスト」や「アダプティブハイビームアシスト」も標準装備。

「アテンションアシスト」とはステアリング操作などからドライバーの運転特性を解析し、居眠りなどに特有の操作を読み取ると、警告表示およびピーという電子音で、ドライバーに休憩を促す、ドライバーの注意力低下を監視する機能。

「アダプティブハイビームアシスト」とはフロントウインドウ上部に配置したマルチファンクションカメラで対向車や先行車を検知し、それに応じてハイビーム側の照射範囲をシームレスに可変。対向車や先行車が近くにいなければ光軸を上げて遠くまで照らし、逆にそれらが接近してくる場合には相手がまぶしくないように徐々に光軸を下げる。

ステアリング舵角や車速に応じて横方向に光軸を可変するAFS機能も装備。
メルセデス・ベンツが大切にしている安全装備も充実し、色褪せない時代を颯爽と駆け抜けた洗練されたスタイルを体感してみませんか?

関連記事

Translate »