独創的な北欧デザインが特徴のボルボC30を借りて、ドライブに行こう!

当店では、スポーツカーや外国輸入車などの珍しい車種を中心に貸し出しを行っています。

「普段乗れない輸入車に乗ってみたい」という方や

「憧れの外車でドライブを楽しみたい」という方にオススメです。

今回、紹介する車種はこちら 平成19年式 ボルボ C30です。

ボルボ・C30は、ボルボの中で最も小さなサイズのプレミアムコンパクトカーで、S40のプラットフォームを使用しています。

一般的なボルボは、重厚なボディで安全性に定評がある輸入車ですが、ボディデザインが他の欧州車と比べて地味な印象があります。

女性や若年層からの支持を受ける為、「購入しやすい価格帯」「運転しやすいボディサイズ」「個性的なデザイン」などを考慮した結果、ボルボ・C30が誕生しました。

ボルボ・C30が発売された事いより、国産車を購入する感覚でボルボを購入する事が出来るようになりました。

ボルボ・C30は、日本の道路環境にも適したサイズ感で、欧州のサイズ規格では全長が4,500mm以下の「Cセグメント」の位置づけにあります。

全長:4,250mm

全幅:1,780mm

全高:1,430mm

ホイールベース:2,640mm

乗車定員:4名

ハンドル:右H

最小回転半径:5.3m

車両重量:1,420kg

個性的なデザインが採用されたと言っても、ボルボらしいフロントマスクのデザインは健在です。

レンタカーのボルボ・C30の最大の特徴はリヤの形状で、大きなガラス製テールゲート(ハッチバック)が採用され、後方の視認性に優れています。

一般的には「3ドアハッチバック」に分類されますが、ボルボ・C30は「2ドア+ガラスハッチバック」と呼ばれています。

ボルボの代表的なフリーフローティング・センタースタックがレンタカーのボルボ・C30にも採用され、高級感のある芸術的なセンターコンソールのデザインになっています。

レンタカーのボルボ・C30は、ボルボの中ではエントリーモデルの位置づけですが、Wエアバッグやサイドエアバッグも標準装備されており、ボルボ伝統の安全性においての妥協は一切ありません。

【標準装備】

リアフォグ

Wエアバッグ+サイドエアバッグ

ABS/TRC

盗難防止システム

CDプレーヤー+AM/FMラジオ

フルオートエアコン

ステアリングチルト機構

ボルボ・C30のレンタカーの後部座席は、コンパクトカーとしては珍しい左右独立した座席になっている為、大人4人がゆったりと寛ぐ事が出来ます。

レンタカーのボルボ・C30に搭載されているエンジンは、コンパクトカーとしては比較的大きな2,400cc水冷直列5気筒DOHC20バルブの横置きガソリンエンジンで、最高出力・170ps&最大トルク・23.5kgf・mを発揮します。

排気量が大きなエンジンですが、ビッグトルクでは無く、低域から高域までスムーズに加速するのがこのエンジンの特徴です。

エンジン:水冷直列5気筒DOHC20バルブ

総排気量:2,400cc

燃料種類:無鉛プレミアムガソリン

燃料タンク:62L

ミッション:5AT

最高出力:170ps

最大トルク:23.5kgf・m

駆動方式:FF

燃費:9.6km/L

ブレーキ:4輪ディスク

タイヤ:205/55R/16

ボルボ・C30は、2013年に国内での販売が終了していますが、現在でも女性お中心に人気があります。

「外車に乗った事がない」「輸入車は大きくて運転するのが怖い」と言う輸入車初心者の人には、ボルボ・C30のレンタカーがオススメです。

ボルボに乗る優越感や、国産車では味わう事が出来ないドッシリとした安定感が病みつきになるはずです。

是非一度、ボルボ・C30のレンタカーを借りてみては如何でしょうか?

ご予約はこちらから

関連記事

Translate »